無視

辞めたい!仕事中に睨まれ無視!私が何をしたと言うのでしょうか

女性ばかりの職場を甘く見ていました。私は性格的に男性に近く、女性同士が群れになって行動することが昔から苦手でした。仕事が大好きで、仕事の為ならほかは二の次にするようなタイプなので、同性の友達はあまりいません。

 

そんな私が転職をして初めて女性ばかりの職場に行きました。お昼休みには群れになってお弁当を食べる20代から40代の女性たちから離れて、私は一人でゆっくりご飯を食べていました。

 

何度か一緒に食べようと誘われたんですが、そういうのは苦手ですし、休憩のときにはゆっくりと話をせずにご飯を食べたり、読書をしたかったんです。

 

しばらくしてから仕事でも休憩中でも、ある女性たちに無視をされたり睨まれるようになりました。

 

休憩時間なら我慢できますが、仕事中にどうしても頼んだり話をしたりしなければいけない時に、無視をされるのは辛いです。そのせいでスムーズに仕事が進まず、残業が増えました。

 

上司に相談したんですが、無視をする女性達はお局さん的存在で、ずっと会社のために頑張っているし、うまくやってくれと軽く言われて終わりでした。

 

こんな上司と社員のいる会社になんていたくない、辞めたいと思い始めました。ガツンと言えないなんて情けない上司だと思いましたし、そんな人の下で働くなんて嫌だと日増しに辞めたい気持ちが強くなり、半年ぐらいで会社を辞めました。

 

それ以来、絶対に女性ばかりの職場では働かないようにしようと思うようになりました。

 

仕事上の人間関係によるストレスのつらさ

 

以前仕事をしていたところで、人間関係に悩んで仕事を辞めました。

 

女性の多い職場だったのですが、裕福な女性が多く勤めている職場で、数千円のランチをみんなで楽しむという雰囲気のあるところでした。毎日ではないのですが、月に数回のそのランチがかなりの負担になりました。

 

しかし、そのランチをたびたび断っていると仕事上でもつらく当たられるようになり、非常に悩みました。ランチなどに積極的に参加して人間関係を改善しようにも、私の収入自体は最低賃金に近く、そのような付き合いができる余裕もなかったのです。

 

仕事では私だけがミスしたことを責められるようになっていました。他の人が同じミスをしても何の咎めもないのです。他の人のミスが私のせいになることもありました。

 

そういったことが日々積み重なり、食事をとることが全くできなくなったり、吐き気がしたりという状況に陥りました。

 

その状況がなかなか改善せず、体重もかなり減ったので退職を決めました。仕事自体は気に入っていたのですが、そのままそこで働き続けることは難しい状態でした。

 

その後はある会社の請負の仕事をしています。雇用ではないので最低賃金に到底至らない収入になってしまいましたが、人間関係を気にせず仕事に集中できるのは幸せなことだと感じています。