ブラック企業とハローワーク

優良企業をハローワークで探すには!?ブラック企業の見分け方。

誰だってブラック企業に入るよりは優良企業に入って安定して仕事をしたいと思っています。管理人だってそうです。

 

せっかく仕事に就いたのにすぐに仕事を辞めてしまうと無駄なパワーを浪費することになります。

 

できれば優良企業を探してブラック企業は弾いていきたい。

 

いったい、どうすれば区別がつくでしょうか。

 

ブラック企業をまず弾くための3つのポイント

 

1.常に案件を募集しているところはスルーする。
 →毎月同じ求人が出ているなら問題がある会社の可能性大

 

2.通常よりあまりにも条件のいい待遇の会社はスルーする。
 →これもブラック企業の特徴の1つ。給与がよすぎる。

 

3.電話対応・面接対応が横暴。
 →ちょっと「ん?」と思うところが多ければ要注意。

 

もし、管理人がハローワークを使って求人を探す場合であれば上の3つのポイントに気を配って転職活動をします。

 

まず1番と2番の「いつも募集をしている」「待遇がいい」についてですが、いつも募集しているということは常に人がやめている。ということです。

 

また待遇や給与がいいということは、とにかく人を集めてこれだけ給与があがるんだからとコキ使いたい。 というように思えてしまいます。

 

事実そういうところが多いでしょう。

 

これは以前に転職雑誌などを定期的に講読していた経験から判断しています。

 

いっつもいい待遇で募集をかけているところがけっこうあるんですが、その紙面からすでにブラック企業の匂いがぷんぷんしていました。 実際働いてみて長く続けられるとは思えません。

 

3つ目の電話対応や実際の面接の場で判断する。ということですが電話対応や面接の場で「ん?あれ?なんかおかしいな?」と少しでも思うようなところは 辞めておくべきでしょう。「少し」でもです。

 

管理人も大学の就職活動のときに「おかしいな?」と思った会社がいくつかありましたが、 そのような対応をされる会社は大人になって考えてみると、ブラック企業と思える会社ばかりでした。

 

求人票には決して出てこない「会社の質」が電話対応や面接でわかります。

 

また、ハロワの求人は無料で出せますし、ある程度大きい企業になるとハロワに求人を出さないといけないような規約があります。(出さないとイケないというか出すと企業が得する)。

 

だからハロワの求人というのはブラフ求人だったり、無料でどこでも出せるために質がそこまで良くない求人も多数まぎれています。

 

ただし!もちろんですが優良案件だって少しはあります。

 

優良企業を探しだすためのポイントは!?

 

じゃあ、みんなが求めている優良企業の求人はどうすれば見つかるのか?
全然面接まですすめないハローワークにいい加減つかれた。

 

というあたなには、ハロワとは別の転職方法として転職サイトの活用をすすめます。

 

転職サイトだったらハロワより待遇の良い案件がゴロゴロしていますし、ハロワのように自分でマイペースに検索して仕事を探すことだって出来ます。 また専任のアドバイザーがつくDODAのような転職サイトならサポートもしてもらえるので非常にお得なサービスだからです。

 

20代や30代ということで年齢も若かったり、
40代以上でもアピールできる仕事経験や資格があれば充分転職サイトを使えます。

 

ということで転職サイトの中でも使いやすい人気のサイトを紹介してみますね。

 

まずは自分のペースで検索して探せるリクナビNEXT。 転職成功者の80%以上はリクナビに登録しているといわれています。

 

とりあえず登録してスカウトメールを待つもよし、どんな求人があるのか自分の立ち位置を見つめなおすも良しです。

 

それから専任アドバイザーがつくDODAもおすすめです。

 

無料で使えるのですが自分の担当スタッフさんがつくので、いい人にめぐり合えれば適格な指摘をもらえたりします。 求人も担当の方が探してきてくれるので非常に便利です。使わない手はありません。

 

優良企業に受かるための知識をつける。

 

せっかくお気に入りの求人が見つかっても、職務経歴書の書き方がへたくそでアピール不足だったり、 面接まで進んでも準備不足のグダグダの面接だったら意味がありません。

 

転職という大きな岐路に差し掛かっているのですから、人事を倒すための最低限の知識武装はしてください。

 

そこで最低限に知っておくべきことをこちらで学んではどうでしょうか?